ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
カー用品店[カーショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

カー用品情報

カー用品店で揃う
「チェーンとスタッドレス」



積雪時や凍結した路面ではスリップの可能性が著しく上がってしまいます。そこで安全に走行するために必須といえるのが、チェーンやスタッドレスなどのスノーアイテムです。ここでは、各々の役割の違いなどを見ていきましょう。

チェーン

チェーン

スタッドレスタイヤが登場するまでは、スパイクタイヤやチェーンが雪道走行の必須品でした。しかし、スパイクタイヤでは通常の路面における走行性能が低く、通常のタイヤを履きつつ、雪道に向かうときはチェーンを装着するというのが定番でした。

チェーンの特長は、雪道や氷結路面に対する圧倒的な走破性です。また価格の安さや、コンパクトに収納できることもメリットといえるでしょう。しかしながら、樹脂製品などは金属製のものに比べて多少かさばってしまう傾向にあります。

チェーン装着時の積雪路は、速度を出すことは難しく、低速での走行になります。そして通常の路面では、装着したままの走行は性能面でもマナーとしてもほぼ不可能です。また、改善はされているものの脱着の手間はどうしてもあります。

スタッドレス

スタッドレス

雪道走行において現在の主流になっているのがスタッドレスタイヤの装着です。ある程度の圧雪された雪道や氷結路専用に設計されており、独特なタイヤパターンや、クルミやタマゴの殻を素材に取り入れるなど、メーカーごとに多彩な独自技術が導入されており、日々進化を続けているジャンルでもあります。非常にデメリットが少なく、雪道に最適化されていながらも、通常の道でも快適に走行することが可能なので、チェーンのように脱着の必要もありません。

構造としては細かいゴムのパターンが雪や氷に対してかみつくようなものになっています。そのため、過去のスパイクタイヤのように金属片で雪を破壊してグリップを得るものとは違い、有害な粉塵の発生や路面の破壊といった環境へのリスクもほぼありません。走行性能についても非常に優れており、通常の路面でも積雪した路面でもスムーズに走ることができます。

その反面、チェーンやスパイクほどの走破性能はないため、豪雪地帯などでは、ストッドレスだけでは安全に走れない場合もあります。そのため、雪や凍結が著しく激しい場所に行くときは、チェーンを搭載しておくことで、万が一のリスクを減らすことができるでしょう。

日本のほとんどの地域において、冬期シーズン用の常用タイヤとして使われており、自動車に乗る割合がある程度高い人にとっては、もはや必須のアイテムといえるでしょう。

その他の雪道用品

非金属チェーン(タイヤカバー)

非金属チェーン(タイヤカバー)

チェーンよりも気軽な、緊急時の雪道対策用品として、樹脂や布でできたタイヤカバーといわれるものがあります。素材が軽量で薄いため装着しやすく、チェーンよりも自動車にかかる負担は少ないといえるでしょう。さらに非常にコンパクトにまとまるため、車載をしておくにも便利です。現在ではまだ主流とはいえませんが、商品開発が進んでいくことで、今後はチェーンに変わる商品として普及していくかと思われます。

スプレー式タイヤチェーン

スプレー式タイヤチェーン

粘度を持った液体をスプレーすることで、雪に対するグリップをあげて雪道での走行性能を高めるものです。どちらかというと応急処置的なアイテムで、走行距離にして70km程度しかもたないこと、そして肝心の雪道に対する走破性能が不安定なため、まだそれほど普及はしていません。しかし、手ごろさという意味では非常に有用なアイテムです。メーカーによる研究が進むことで、ひとつのジャンルとして定着していくと予想されています。