施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカー用品店(カーショップ)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカー用品店(カーショップ)リサーチ

カー用品情報

ETCのメリット



自動車用パーツの中で一気に普及率が高まったのがETCです。ここではETCの概要と、ETCを付けることによるメリットをご紹介します。

ETCとは

ETCとは

高速道路など有料道路を通行する際に使う機器で、「エレクトロニック・トール・コレクション・システム」の略として「ETC」と書き、「イー・ティー・シー」と読みます。これまでは停車して手渡しで行なっていた通行料の支払いを、自動で行なえるようにするカー用品の一種です。

使用するにはカー用品店や新車ディーラーなどで販売されている車載器の購入が必要です。それを自動車に取り付け、自動車のナンバーと連動した使用登録を行い、ETC機器用のクレジットカードを挿して使用します。

ETCのメリット

ETCのメリット

全国のドライバーへ一気に普及したETC。普及の理由は数々のメリットにあります。ここではETCを取り付けることによって得られるメリットをご紹介します。

有料道路の通行がスムーズ

有料道路の通行がスムーズ

これまで有料道路を利用する際は、料金所で停車し、通行券を受け取るか、小銭などを準備して手渡しで支払いを行なう以外の方法はありませんでしたが、ETCを取り付けて使用できる状態であれば、この一連の流れを簡略化できます。

料金所にETC専用(対応)レーンがあれば、20km/h以下まで速度を落とし、そのレーンを通過するだけで有料道路を通行するために必要な手続きが完了します。

料金の支払いごとに停車する必要がないことから、燃料消費を抑えるメリットも生まれます。

混雑を回避できる

混雑を回避できる

人口が多い地域の高速道路インターチェンジや、休日の観光地付近にあるインターチェンジを利用する場合、時間帯によって大変な混雑が発生することがありますが、ETCを利用していれば混雑している料金所を横目に、ETC専用レーンでスムーズに通過できる場合があります。

割引サービスが受けられる

割引サービスが受けられる

ETCで料金支払いを行なうと、有料道路の路線と利用する時間、通行する道路の組み合わせなどによって、一部で割引が受けられます。なお割引の実施内容は地域や高速道路の管理会社によって異なります。

また高速道路会社は「ETCマイレージポイント」というポイントサービスを実施しており、使用に応じて蓄積したポイントを通行料の一部として利用できます。

概ねETCで有料道路を使えば使うほど、金銭的なメリットが得られる仕組みになっています。

高速道路の出口が増える

高速道路の出口が増える

高速道路の中には、サービスエリアやパーキングエリアに接続する形で、ETC利用者だけに限定したインターチェンジ「スマートIC」を開放しています。インターチェンジの選択肢が増えることで、目的地によっては効率良く移動できるようになります。

通行状況を管理しやすい

通行状況を管理しやすい

Webサイトの「ETC利用照会サービス」を利用することで、高速道路・有料道路の利用状況を管理しやすいメリットがあります。利用登録をするか、照会する都度入力するかの方法で、一定期間内のETC利用状況を一覧で確認でき、法人の経費や家計の管理に役立てることができます。