ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
カー用品店[カーショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

カー用品情報

洗車のコツ



自動車をきれいに保つ洗車は、自動車を大切に使っているかどうかが分かるバロメーターです。日本は他の国と比較して特に自動車を綺麗に扱うといわれています。人によって異なりますが、綺麗な自動車は何となく気持ち良く運転できるものです。ここでは洗車のコツについてご紹介します。

洗車するのに適した日とは?

洗車するのに適した日とは?

洗車を行なうのに最も適しているのは、風が少なく、曇りで適温の(暑すぎず寒すぎない)日だとされています。

風について

風について

風が強いということは、埃や砂が飛びやすいということでもあります。洗車している最中にも風にのって汚れが飛んできますので、なるべく風が少ない、穏やかな日に洗車するのが理想です。

曇(天候)について

曇(天候)について

日差しが強いと、洗車する際に用いる水が乾きやすくなります。作業している途中で乾いてしまうと、使用したシャンプーの泡でシミやムラが発生しやすくなってしまいます。夏場であれば午前中に洗車するなどの工夫が必要です。

適温について

適温について

洗車は基本的に外で作業するため、気温の影響を大きく受けます。暑すぎるときはボディ表面も高温になり、洗車しているそばから水が乾いてしまいます。また、ボディ表面の温度が高い場合はワックスを使用することができません。一方、水が凍結する程の寒さでは、やはり洗車作業を思うように進めることができません。過ごしやすい日に洗車を行なうことで、レジャーのひとつとして洗車作業自体を楽しく行なうことができるでしょう。

洗車はどこでする?

洗車はどこでする?

洗車を自分で行なう場合、理想的な場所はどこでしょうか。理想的な洗車環境についてご紹介します。

何より大切な水の供給

洗車には多くの水を使いますので、水がすぐに供給できる場所が理想となります。自宅前などで自由に水を使える状況が好ましいです。

洗車場などの専用設備を利用する

洗車場などの専用設備を利用する

洗車で水を大量に使うといっても、やはり無駄なく水を使いたいものです。そうした点を考えるとセルフ洗車場は理想的な環境として挙げられます。高圧で水を噴射する設備が整っており、洗車作業をスムーズに行なうことができます。

洗車の頻度

洗車の頻度

洗車はどれぐらいの頻度で行なうのが理想なのでしょうか。

基本的には気になったときに洗車しよう

洗車の頻度

丁寧に洗車するには時間がかかります。水やシャンプーなども必要で費用がかかるため、毎回しっかりと洗車する必要はありません。汚れが気になったらサッと水洗いだけで済ませ、たまにワックスをかけて丁寧に洗車する、といった具合に使い分けるのが一般的です。

鳥のフンなど目立つものはすぐに拭きとる

鳥のフンなど目立つものはすぐに拭きとる

屋外に駐車する場合、気になるのは鳥のフンです。鳥のフンは酸性の成分を含んでいるため、放置しておくとボディに悪影響を及ぼします。ボディカバーをかけるのもひとつの対策ですが、そこまでしなくとも、フンを見つけたらその場で拭き取れるように、簡単な清掃道具は自動車に常備しておくと便利です。虫の死骸も同様です。