ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトカー用品店[カーショップ]リサーチ

カー用品情報

カー用品店で購入できる「車の工具選び」



自動車の整備やメンテナンスをDIYで行なうためには、数種類の工具が必要になります。ここでは自動車メンテナンスのDIYで必要となる工具についてご紹介します。

最低でもこれぐらいの工具を準備

自動車のメンテナンスをDIYで始めてみたものの、途中で工具が足りないことに気付いた場合はそこで作業が中断してしまいます。なるべくたくさんの工具を集めておいて、万全の体制が整ってからDIYを始めましょう。近年では5万円前後から十分な工具セットが購入できます。またホームセンターやカー用品店などには、自動車メンテナンスのDIY作業に必要な工具が販売されています。

なお自動車によっては市販されていない特別な工具が必要になる場合があります。こうした部分は新車ディーラーなどに任せる必要があります。

ドライバー類

工具の基本ともいえるドライバー類は、精密なものも含めてなるべくたくさんの種類を用意しましょう。サイズの異なるドライバーで無理にネジを回そうとすると、ネジの頭をなめてしまい、最悪の場合はネジが取れなくなってしまいます。ネジとドライバーのサイズは必ず合わせて使いましょう。

レンチ類

六角レンチやソケットレンチ、モンキーレンチなども、ドライバーと同様に様々な種類とサイズを用意しておきます。またホイールナットの締め付けなどにはトルクレンチが必要になります。さらにタイヤ交換にはクロスレンチがあると便利です。

ジャッキ、リジッドラック

タイヤ交換時など、自動車を持ち上げる必要がある際に用いるのがジャッキです。自動車には簡易なジャッキが用意されている場合がありますが、これはあくまで非常用のものとして、安定感のあるフロアジャッキを用意したいところです。またジャッキで持ち上げたあとは、「ウマ」と呼ばれるリジッドラックをかませて、自動車を安定させます。自動車の下に潜り込む際は、必ず安定した状況にしてからにしましょう。不安定な状態では大変危険です。

テスター類

電装部品にDIYで作業を行なおうとするなら、電気の流れを確認できるテスターが必須です。

ペンチ類

電装部品のDIY作業ではコードの切断などが必要になることがあるため、その際に用いるペンチ類をそろえます。電工ペンチなども含めて数種類のペンチを用意しておきましょう。

輪止め

自動車の整備を行なう際に、忘れてはいけないのが輪止めです。タイヤにかませておいて自動車が勝手に動いたりしないよう止めておく道具です。安い価格で販売されていますので用意しておきましょう。

その他に必要な工具

代表的な工具類をご紹介しましたが、自動車の状況やDIYで行なう作業内容によって必要になる工具は様々です。上に挙げたものの他にも工作などで用いられるカッターやメジャー(定規)などが必要になることがあります。また、一時的な固定などでビニールテープやガムテープがあると便利です。

数種類の工具・道具を用意し、またそれらをすぐに取り出せる状態に整理して、自動車のDIY整備に挑戦してみましょう。