ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトカー用品店[カーショップ]リサーチ

カー用品情報

カー用品店での車検



自動車には「車検」と呼ばれるものがあり、正式名称は「自動車検査登録制度」といいます。カー用品店でも車検を行なっているところが多く、利用したいサービスのひとつです。まず、ここでは車検がどういうものかご紹介します。

車検の種類と役割

車検の種類と役割

一般的には「車検」とひと言で呼ばれますが、実際にはいくつかの種類があります。そのうち「新規検査(車検証を新たに取得、または中古車などの再登録など)」、「予備検査(新規検査の予備として行なわれるもの」、「構造等変更検査(改造を施し車検証に書かれた内容に変化があったものに行なわれるもの)」は、カーディーラーなどの専門業者により行なわれることが一般的です。

私たちが一般的に「車検」と呼ぶのは、自動車検査証の有効期限を延長させる「継続審査」です。ここではこの継続審査について主にご紹介します。

車検は、その自動車が日本の保安基準をクリアしていることを確認する役割と同時に、自動車の所有者を公的に登録する役割も担っています。この際に自動車に関わる税金の一部が徴収されます。

車検の頻度

車検の頻度

一般的な乗用車・軽自動車の場合、初回は3年、以降は2年の有効期間があるため、車検の頻度もそれに伴います。なお、事業用として登録した商用車などは初回から継続的に1年ごと、レンタカーとして使用されている場合は初回のみ2年後、以降1年ごと、といったように、どのようにその自動車を登録しているかによって若干に違いがあります。

車検でチェックされる内容

車検でチェックされる内容

車検では、日本の保安基準に適合していることを確認していますが、その内容はいわば最低限の確認に過ぎず、決して「その自動車が壊れていない」ことを確認しているわけではありません。車検で検査される内容として、エンジンルーム内、下廻り、足回りで各チェックが行なわれますが、概ね目視のみでクリアすることができます。またライン検査では専用の機械を用いブレーキやスピード、排気ガスなどの検査が行なわれますが、これも深刻な問題がなければ概ねクリアできる審査基準となっています。

車検の方法

車検の方法

車検は公的に認められた施設で行なわれる必要があるため、限られた方法の中から選ぶ必要があります。

専門店による車検

専門店による車検

自動車の新車ディーラーなどに任せる、いわゆる「ディーラー車検」です。自動車の購入時からユーザーと継続的な付き合いがなされている場合が多いため、現在は最も一般的な車検方法です。公的機関に認可された整備工場を持つカーディーラーに任せた場合は、陸運支局などを訪れなくとも自社設備で車検作業を完結できるため、1~2時間程度で車検が完了できるスピーディさを売りにしている場合があります。なお専門店に一任することで、車検の枠を越えた幅広い点検も同時に行なえる点が特徴です。カー用品店などでも車検を受け付けており、積極的にPRしています。

ユーザー車検

ユーザー車検

ユーザーが運輸支局などの専門施設へ自動車を持ち込み、自ら継続審査を受ける方法です。ディーラー車検と比べユーザーの負担は大きくなりますが、比較的安く車検を行なえるため車検の方法として定着しつつあります。

車検代行

車検代行

代行業者に車検に必要な作業を一任する方法です。自動車の状態により費用はまちまちですが、車検費用は概ねディーラー車検よりは安く、ユーザー車検よりは高くなります。