ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
カー用品店[カーショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

カー用品情報

カー用品店でカスタマイズ「ETC車載器」



ETC車載器とは、高速道路などで普及しているノンストップ自動料金収受システム、「ETC」を利用するために必要な車載用データ送受信機です。

ETC普及の流れ

ETC普及の流れ

1997年(平成9年)に小田原厚木道路、小田原料金所で初めてETCの実験が行なわれました。その後、各地で実験を重ね、2001年(平成13年)より一般利用が開始されました。ETC車載器のセットアップや専用カードの登録などの手間から、当初こそ普及は進みませんでしたが、ハイウェイカードの撤廃や、ETC車載器に対する助成金の交付により、その後急速に普及しました。特に2009年(平成21年)に20万台限定で助成金が再開されたときには、ETC車載器の生産が間に合わないほどでした。他国の自動収受システムに対し、登録などの敷居は高いものの、各種割引の存在により現在では高い利用率を保っています。

ETC車載器の種類

ETC車載器の種類

ETC車載器にはアンテナ分離型と、アンテナ一体型の2つの形式があります。いずれも音声による案内、LEDによる状態確認などが可能と、機能的には同一なので、いずれを選んでも機能面で特にデメリットを感じることはないでしょう。

アンテナ分離型

アンテナ分離型

アンテナとETC車載器がコードで結ばれている構造のものです。アンテナ部をガラス面に、ETC車載器本体は自由な場所に設置できます。メリットとしては、ETC本体をグローブボックスやダッシュボード下部などの目立たないところに固定できるため、スマートな取り付けを行なうことが可能なことです。反面、アンテナの配線の取り回しなど装着の難易度はやや高く、アンテナ一体型に比べると多少工賃が割高になる場合があります。またアンテナ部分にカードの挿入確認ができるようLEDが付いたタイプや、警告音が聞き取りやすいようスピーカーを内蔵したタイプも選ぶことができます。

アンテナ一体型

アンテナ一体型

ETC車載器にアンテナを内蔵したタイプです。アンテナの取り回しを考えなくても良いので、取り付けを比較的簡単に行なうことができます。また、ETC車載器を取り外しやすいので、不使用時は取り外しておくことで、ETC車載器そのものを狙った車上狙いに対策できます。しかし、ETC車載器本体をフロントガラスもしくはダッシュボード上に固定する必要があるため、取り外しを行なわない場合は目立ちやすいのがデメリットです。設置場所によっては目立たなくなりますが、その場合はETCカードを取り外す時に不便を感じるかもしれません。かつては価格面での優位性もありましたが、ETC車載器の価格が急激に下がったことで、その差はほとんどなくなっています。

自動車メーカーによるETC車載器への対応

自動車メーカーによるETC車載器への対応

ETCの普及により、メーカーオプションとしてもETC車載器が選べるようになりました。その場合にはダッシュボードにETCを埋め込む、ビルトイン装着が可能になっている車種も多く、取り付けのスマートさにおいては、社外品を越えます。また、ETCカードを入れておくためのカード入れが、ダッシュボードやグローブボックス内に設けられている車種もあります。しかしながら、車から離れるときはできるだけETCカードを持ち歩くことで盗難などのリスクを減らすよう心掛けましょう。