ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
カー用品店[カーショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

カー用品情報

カー用品店でカスタマイズ
「レーダー探知機・盗難警報機」



警察の取り締まりを知らせてくれるレーダー探知機は、自動車用パーツの中でも息の長い定番商品です。また、盗難警報器は比較的新しいジャンルの商品分野ですが、頻出する車上狙いや車両盗難などの問題により、今や定番のアイテムになっています。こうした自分と愛車を守るためのアイテムを駆使して、より快適なカーライフを送りたいものです。

レーダー探知機

レーダー探知機

警察の取り締まりで使用される電磁波を検出し、ドライバーに警告を与える装置です。最近では、液晶内蔵バックミラーに表示されるものの人気が高まっています。

警察によるレーダー式速度測定を使った取り締まりや、自動速度取り締まり装置であるオービスでは、対象に向かってレーダー波を照射しています。そのレーダー波を感知することで、取り締まりを事前に発見することができます。しかしながら、地中に埋め込まれたコイルで速度を検出するループコイル式や、光電管式などのレーダーを使わない取り締まりについては、思うように機能を発揮することができません。さらに、測定方式の新方式への移行により、レーダー取り締まり装置そのものがあまり使用されなくなったため、近年はレーダー探知機の効果が薄くなっています。

そうした状況の中で、レーダー探知機能だけでなくGPS機能を搭載し、取り締まり多発地域などのデータを元にドライバーに警告を与えるという方式が取り入れられています。またカーナビゲーションでも、同様に取り締まり重点地域を警告してくれる機能が採用されたモデルも登場しています。こうした機能ではGPS機能とデータベースが主体であるため、将来的にはカーナビゲーションのように、スマートフォンが台頭してくるといった展開が予想されています。

盗難警報器

盗難被害が急増中

盗難被害が急増中

車両の盗難や車上荒らしなどは、残念ながら検挙率が低く、被害にあっても泣き寝入りせざるをえないという場合がほとんどです。一度車上荒らしにあうと、平均被害額10万円、車の平均修理費用が7万円と、およそ20万円弱の損害が出るといわれています。そのため愛車の安全のために盗難警報器の導入を考える人が増えています。

キーレス機能連動タイプが一般的

キーレス機能連動タイプが一般的

過去にあった盗難警報器では、自動車のキーとは別にリモコンを持つ必要がありましたが、現在ではキーレス機能と連動して盗難警報器のオンオフが行なわれるものがほとんどになっています。また、衝撃だけでなく、電圧やドアの開閉にも反応するものや、セキュリティ作動時はエンジンがかからなくなるようなものまで存在します。価格も高価格で高機能なものから比較的安価なものまで様々です。

取り付けはショップで

取り付けはショップで

こうしたパーツは安心に関わるものだけに、取り付けはショップに頼むのが賢明です。また作業難易度が比較的高いため、ある程度の工賃も必要にはなります。しかし、センサーの取り付け位置や感度設定には高度な知識と豊富な経験が必要になってきますので、セキュリティショップやカー用品店など熟練したプロへの相談が必須です。

最新タイプにも注目

最新タイプにも注目

最近では簡易型の盗難警報装置というものも販売されています。これは傾斜センサーや振動センサーなどを内蔵としたポータブル型の盗難警報器で、電池や外部電源を差し込むだけで使える上に、通常の盗難警報器よりも安価に設定されています。

また盗難警報器の作動ランプ部分だけを残したような、威嚇タイプといわれる低価格商品も存在します。これは盗難警報器が装着されているように見せることで、盗難に対する抑止効果を狙ったものです。光るだけのものから、振動によって点滅パターンを変えるものまであります。またソーラー電池によって動作するなど、気軽に使えることが最大の特徴です。