施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカー用品店(カーショップ)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカー用品店(カーショップ)リサーチ

カー用品情報

カー用品店で「バックカメラ」を買おう



バックカメラは自動車の後方を確認するために、後部に取り付けられた広角カメラです。元々は、大型バスや、トラック、特殊車両など、バックミラーやサイドミラーだけでは後方を確認しきれない特殊な車両のために開発が進みました。カメラであることからモニターが必要であり、登場当初は専用のバックモニターを装着していました。

バックカメラの進化

バックカメラの進化

特殊な自動車向けだったバックカメラでしたが、これを一般的な乗用車向けに転用したのが、パーキングアシストなどと呼ばれるシステムです。これは、駐車や車庫入れを容易にするために生まれたもので、ギアをバックに入れるとバックカメラによって得られた映像、そして駐車をするためのアシストがモニターに表示されるものです。この背景には、カーナビゲーションの普及により、多くの車両にモニターが搭載されたという点があります。バックカメラ自体はそれほど高価なものではありませんが、車庫入れのためだけにモニターを購入するというのは現実的ではありません。しかし、カーナビゲーション自体にバックモニターへの対応機能を盛り込むことで、オプションとしてのバックカメラの需要が一気に高まったというわけです。

元々は自動車メーカー主導で行なわれたシステムでしたが、その効果の高さから各カーナビゲーションメーカーも追随していき、現在では一般的なシステムになっています。また、いわゆるスポーツ性能に特化させた高性能スポーツカーなどでは、低く設定されたシートポジションや、シート背後に設置された大型エンジン、空力優先で形成された低いボディなどの影響によりバックミラーで後方視界を確保することが困難な場合があります。そうした車両において、純正でもバックモニター併用バックミラーや、バックモニターを採用することがあります。

優位性

優位性

リアウィンドウを通した景色しか見えないバックミラーに対して、バックカメラは車外の適切な場所に設置され、また視野の広い広角カメラを使うことで、格段に広い後方視界を得ることができます。また、視界の広さからバックミラーでは死角になってしまう斜め後方などを確認することも簡単で、結果として安全性を高めてくれます。小さな子どもなどが死角に入ってしまうような場合でも認識しやすいなど、その効果は主に車庫入れなどで発揮されます。また高感度技術の進歩により、夜の後方視界においては旧来型のバックミラーよりもクリアな視界を確保できるようになっています。

さらにドライブレコーダーと連動したモデルもあり、事故が起こったしまったときの参照資料になる側面もあります。しかしながら外部にあるパーツであるため、汚れなどでの視界不良が起こる可能性もあり、依存し過ぎない使い方が推奨されています。

バックモニター内蔵バックミラー

バックモニター内蔵バックミラー

近年ではバックミラー自体をミラーではなく液晶モニターとすることで、バックミラーとしての機能とバックモニターとしての機能を両立させたタイプも登場しています。主流となっているのは、バックミラーの一部をモニターとし、通常時は前面をバックミラーとして使用、ギアがリバースに入ったときは画面の一部にバックカメラの映像が表示されるといった複合的なものです。