施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカー用品店(カーショップ)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカー用品店(カーショップ)リサーチ

カー用品情報

カー用品で購入できるタイヤ
「ファルケンタイヤ」



ファルケンは、スポーツタイヤとして高い人気を持つタイヤブランドです。タイヤメーカーであった旧オーツタイヤが開発及び展開をしてきましたが、現在は合併により、住友ゴム工業株式会社が持つブランドのひとつとなっています。

歴史

歴史

1944年(昭和19年)に設立。当初は大日本航空機タイヤという名前で、大日本紡績と内外ゴムによる出資で立ち上げられました。翌年には、大津ゴム工業と名前を変え、航空機用タイヤから自動車用タイヤの生産へと方針を転換しました。1962年(昭和37年)にはオーツタイヤに名称を変更。レース用タイヤを供給した日産GT-Rとのコンビネーションで、スーパーGTでも総合優勝を果たし、日産のレース組織であるNISMOのGT-Rにも装着されていました。当時のスポーツカーブームとも相まって、スポーツタイヤとしてのファルケンのブランドイメージは高まっていきました。

その後、2003年(平成15年)に住友ゴム工業株式会社に吸収合併をされ、ダンロップ、グッドイヤーとともに、同社のブランド展開における一翼を担うことになりました。現在でも熱狂的なファンを持ち、また独自の技術や品質の高さからマニアの要求にも応えるブランドとして安定した人気を保っています。

サーチアイ

サーチアイ

サーチアイは、ファルケンタイヤの特長的な仕様です。タイヤのスリップサインを進化させたような機構で、接地面にいくつもの丸い穴が開いていますが、これが四角くなったら一度目のローテーション時期を表します。そして、穴がなくなってしまったらタイヤの交換時期という表示になっています。これは、深さ2mmの丸い穴と、同じく深さ2mmの四角い穴を組み合わせたもので、単純な構造でありながらもタイヤの管理には非常に有効な機構といえます。既存のスリップサインよりも視認性は高められているので、スリップサインを見逃すことによるリスクを低減させるという意味合いもあります。

主なブランド

SINCERA(シンセラ)

SINCERA(シンセラ)

スタンダードタイヤやミニバン向けのタイヤを展開しているエントリーブランドです。標準タイヤとして安定した性能を発揮してくれるだけでなく、サーチアイの搭載によりメンテナンス性も向上しています。比較的安価であり、性能に対してのコストの良さもあり、安定して使いやすいタイヤブランドです。

ZIEX(ジークス)

ZIEX(ジークス)

スポーティーさとコンフォート性を両立したブランドです。サイズ展開も豊富でスポーティーセダンなどをはじめ、あらゆる車種に向いた高性能タイヤです。走り屋やレースイメージの強いファルケンという点も含め、スポーツ性の高いコンフォートタイヤとも表現されます。サーチアイ機構も採用されています。

AZENIS(アゼニス)

AZENIS(アゼニス)

ファルケンのフラッグシップブランドとして、高性能スポーツタイヤを提供しています。サーキットを含めたスポーツ性能とタイヤ寿命の長さを両立したRT615Kと、ウェット性能及び高速での操縦安定性を高めたFK453が用意されています。

ESPIA(エスピア)

スタッドレスタイヤのブランドです。タマゴの殻から作られたマイクロエッグシェルという材質が配合されており、氷上でのブレーキ性能を向上させています。