ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトカー用品店[カーショップ]リサーチ

カー用品情報

カー用品店でそろうアイテム
「タイヤ選びのコツ」



ひと口にタイヤといっても、グリップ力を重視したスポーツタイヤ、快適性を重視したコンフォートタイヤ、燃費を重視した低燃費タイヤなど様々な性格を持ったタイヤがラインアップされています。また、ミニバンやSUVといった比較的車重が重く重心が高い車と、スポーツカーのように軽量で重心が低いものでは、適したタイヤが変わってきます。タイヤを選ぶ目安としては、タイヤの構成要素に注目すると良いでしょう。

タイヤの要素

タイヤの要素

タイヤの性質を決める要素には、グリップ力、燃費、価格など多くの注目点があります。これらの組み合わせやゴム部分の品質などにより、様々な用途に合わせたタイヤとして各メーカーから販売されています。ここではタイヤを構成する要素についてご紹介します。

グリップ力

グリップ力

グリップ力が高ければ、路面に大きな力を伝えることができますので、加速性能や旋回性能、ブレーキ性能を十二分に発揮できるようになります。その反面、グリップ力が大きいということは、摩擦が大きいことでもありますので、小排気量車などの比較的馬力の少ない車の場合は、パワーの低下や十分な加速を得られない可能性があります。さらに摩擦が大きいことから全般的に燃費の低下を生じます。燃費を気にせず大排気量のスポーツカーで走りたい! といった場合は、よりグリップ力の強いスポーツタイヤを選択することで、スポーツ走行がもっと楽しくなるでしょう。

排水性

排水性

タイヤの接地面積が大きければ大きいほど、摩擦力が上がりスポーツ性能は向上しますが、それに伴い撥水性は下がります。日常の使用であれば雨天時などでも十分な撥水性が必要になりますので、日常走行を兼ねたスポーツタイヤの場合は排水性を意識したタイヤが主流となっています。また、撥水性を上げるために溝を大きくすることで、路面から車内に伝わるノイズが増える傾向がありますが、細い溝と深い溝を組みあわせることで、撥水性能と静粛性能を両立できる工夫した製品もあります。

剛性

剛性

荷重がかかった際に、より強く踏ん張ることができるタイヤは、側面の変形が少なく、同時にコーナリング性能が高くなります。一方で、細かい段差を越えた際の衝撃を車内に伝えやすくなるため、乗り心地はゴツゴツとしたものになりがちです。乗り心地を追求する場合は剛性が高すぎない方が良いともいえるのですが、ミニバンなどの車重が重く重心が高い車種では、ある程度の剛性がないと自動車のバランスが崩れ、無駄なパワーロスで燃費が悪化することもあります。

寿命

寿命

摩擦の大きいスポーツタイヤの場合は、ゴムの柔らかさなどから寿命は短くなりがちです。摩擦が少なければ少ないほどタイヤは減りづらくなりますが、摩擦が少ないということは走行性能としては劣ってしまうことでもあるため、自分の好みに合ったバランスを探る他ありません。また溝を深く設定することで、より寿命を延ばしたタイヤもあります。

燃費

燃費

現在、人気を集めている低燃費タイヤは、通常のタイヤ以上に燃費を重視した独自の設計がなされています。またスポーツ性能を持ちながらも低燃費を両立したタイヤも存在します。現在では、タイヤによる燃費性能に関して統一した性能表記が制定されており、低燃費性能を比較検討しやすくなっています。

価格

価格

欧米のタイヤなどは、高品質であるため価格帯が比較的高く設定されています。一方で近年注目されているのは、アジアなどで生産された低価格輸入タイヤです。基本的には、高性能タイヤであれば価格は上昇しますが、タイヤが高価だからといって車や用途に適したタイヤであるとは限りません。走行性能に大きく関わるパーツだけに、車種はもちろん、車の使用頻度や走行距離、走行する内容などを踏まえ、より適したタイヤ選びを行なうことが重要です。