ご希望のカー用品店[カーショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトカー用品店[カーショップ]リサーチ

カー用品情報

カー用品店でそろうアイテム
「タイヤ交換の目安」



タイヤは消耗品ですので、安全な走行のためには定期的な交換が必要です。性能を発揮できなくなってしまったタイヤを使い続けると、燃費の悪化や走行性能の低下だけでなく、スリップをしたり、破裂(バースト)したりといったトラブルも起こります。また、定期的にチェックやメンテナンスを行なわないと、タイヤの寿命がより短くなる例もあります。

タイヤ交換における目安は、スリップサイン、サイドウォールのひび、偏摩耗、走行距離、製造年などが指標となります。

経年劣化

経年劣化

タイヤの側面にある四桁から六桁の数字が製造年を表しています。末尾の二桁が製造年、その前の二桁が製造年週です。「1513」とあった場合は、末尾二桁が2013年製を表し、前半の二桁がその年の15週目に製造されたということを表します。この場合は2013年(平成25年)の4月ごろに製造されたタイヤということが分かります。

タイヤの寿命は、おおよそ3~4年といわれていますので、スリップサインや傷などがなくとも「2016年の夏~秋には交換をしておきたい」、といったことが判断できるようになっています。

スリップサイン

スリップサイン

タイヤのトレッド(路面に設置する部分)には、各タイヤの特性に合わせて溝が刻まれており、その溝の高さが1.6mm以下になったら交換をするように法令で定められています。目安として溝の中にスリップサインという段が設けられています。残り1.6mmになると、スリップサインのある部分によって溝が埋まって見えるようになります。スリップサイン自体は何ヵ所か存在しますが、1ヵ所でもスリップサインが表れたら交換が必要です。スリップサインの位置はタイヤの側面にある、三角形の矢印を基準に見つけることができます。

法令上では、スリップサインが表れる直前が交換時期です。安全のためにもスリップサインが表れる前にタイヤの交換をするよう心掛けましょう。

ひび割れ

ひび割れ

タイヤの側面にひび割れが生じた場合も、交換の目安です。仮に走行距離が少なく、スリップサインが表れていなくとも、温度や環境などによってひび割れが生じることがあります。

タイヤ側面部分は非常に強い力がかかる部分でもあり、またひび割れから亀裂が生じタイヤが破裂することもあるため、早めの交換が推奨されます。

偏摩耗

偏摩耗

タイヤをチェックしてみると、偏った減り方をしている場合があります。これを偏摩耗といい、タイヤの寿命を縮める原因となります。偏摩耗には、空気圧が高すぎることによるセンター部の摩耗、空気圧不足によるサイド部の摩耗、車重のある車に見られる片減りなどの種類があります。適正な空気圧を維持することや、ローテーションによって偏摩耗のリスクを避けやすくなります。

タイヤを長持ちさせるには

タイヤを長持ちさせるには

タイヤは基本的に消耗品ですが、メンテナンスやチェックを行なうことで、空気圧の管理、偏摩耗のチェック、パンクなどのリスクを早期に発見するなど、タイヤの寿命をより長く伸ばすことができます。

空気圧チェック

空気圧チェック

月に一度は空気圧のチェックをしましょう。ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店などでチェックできます。プロに任せなくとも、ドライバー自身で行なうこともできます。基準空気圧は、車体のドア部分などに表記されているはずですので、それを確認して専用の測定機器エアゲージで測定をします。なお、高速道路に乗る場合は空気圧を高めにするなど、状況に合わせた適正な空気圧を保つことで、燃費の向上や走行性能を発揮させることにつながります。その際には、偏摩耗などのチェックやスリップサインの確認を行なうことでリスクを減らすことができます。

ローテーション

ローテーション

タイヤの偏摩耗などを防ぐため、前後輪を入れ替えることをローテーションといいます。車種にもよりますが、おおよそ走行距離5,000kmに1度ローテーションを行なうことで、よりタイヤを効果的に使うことができるとされています。