施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のカー用品店(カーショップ)情報を無料で検索できます。

ホームメイトカー用品店(カーショップ)リサーチ

カー用品情報

主なカー用品店「モンテカルロ」



モンテカルロは、1971年(昭和46年)に森田映一氏が創業したカー用品店です。「タイヤとカー用品の専門店」というキャッチフレーズの通り、タイヤ&アルミホイールとカー用品の2つを柱にした総合カー用品店です。

カー用品店としては、イエローハットオートバックスなどと並んで歴史が古く、スポーツカーブームなど自動車業界の変遷とともに成長し、長年に渡ってカーライフをサポートしてきました。また、現在でも続く小売り事業のモンテカルロだけでなく、卸売り事業も手掛けていました。その他にもタイヤ専門店の「タイヤ専門館」や、中古・アウトレット用品専門店の「蔵之助」、板金塗装専門店の「モンテカルロ板金塗装」、車検専門店の「光速王」、残価設定型自動車リースの「新車のFシステム」などを展開していました。

現在ではこれらの事業は、モンテカルロ株式会社の手を離れており、モンテカルロはカー用品の小売り業務のみを行なっています。しかし、こうした業態を展開してきた経験により、サービスの向上や豊富なノウハウを身に付け、手厚いサポートを現在もユーザーへ提供し続けています。

業態

業態

イエローハットにより吸収合併されたことにより、いくつかの店舗はイエローハットブランドに変更されました。2013年(平成25年)7月現在、モンテカルロ店舗は12店舗あり、中国地方、東海地方、九州地方に展開しています。

広島地方

広島地方

モンテカルロのお膝元ともいえる広島県に7店舗を展開しています。本社機能を持つ吉島店を筆頭に、広島市に4店舗(五日市店可部店安芸矢野店)が存在しています。さらに三次市にある三次店、福山市には蔵王店駅家店の2店舗を構えています。

東海地方

東海地方

東海地方では静岡県掛川市に掛川店があります。ここは、現在のモンテカルログループにおいて最も東部にある店舗ということになります。愛知県には2店舗で、半田市に半田店、豊橋市に豊橋飯村店を構えています。

九州地方

九州地方

九州地方においては、モンテカルロ太陽グループが展開されています。名称だけでなく、事業内容においても他店とは多少異なっています。カー用品の販売や車検などの業務だけでなく、新車販売や修理業務、さらに中古車販売、車両買い取りなど、カー用品店の枠を越えた総合自動車店として地元のカーライフを総合的にサポートしています。モンテカルロ太陽は、佐賀県佐賀市に2店舗(本庄店医大通り店)を構えています。

イエローハットとの関係

イエローハットとの関係

2011年(平成23年)に、売り上げの低迷などを理由にイエローハットの子会社になることが発表されました。翌年には株式の50.1%をイエローハットが所有することにより子会社化が進められます。2012年(平成24年)には、創業者である森田映一氏の社長退任と、イエローハット取締役である古澤丈男氏の社長就任、そして完全子会社化の承認が行なわれました。イエローハット傘下に入ったことで、およそ半数の店舗がイエローハットブランドに、残る半数はモンテカルロブランドとして継続しています。それに伴い、本社機能を広島県広島市西区からモンテカルロ吉島店内へと移しています。